Cotonova English

英語日記で英会話を身につける勉強法

英語が話せるようになりたいなら、今すぐやるべき3つの事

ジャンプする子ども

こんにちは。コトノバです。

 

「いつか、英語が話せるようになりたい」

 

誰もが思うことですね。

 

でも「いつか」って、「いつ」ですか?

 

10年後?3年後?1年後?

 

まずここを決めないと、10年後も20年後も今と何も変わらないと思います。(わたしがずっとそうでした)

 

ペラペラになるには、3年とか10年かかるかもしれませんが、「カフェで外国人と楽しく雑談する」レベルなら、今から始めれば半年でも可能です。

 

大事なのは「今、はじめる」こと。

 

誰もが「英語が話せるようになりたい」と思っているのに、いつまでたっても話せないのは思った時にはじめないから、そして半年も続かないから、それだけです。

 

この先もずっと「いつか、英語が〜」と言い続ける人生とサヨナラするなら、これから紹介する3つをぜひ試してみてください

 

少し気軽に話せるようになるだけで、英会話は本当に楽しい。

この感覚を少しでも分かち合えると嬉しいです。

 

 

英語が話せるようになりたいなら、この3つから始めよう

仕事や子育てなど、忙しい中でまずは1日30分。

それだけでも、続ければ英語で簡単な雑談ぐらいは気軽にできるようになります。

 

最初からいきなり「ペラペラになるぞ!」と意気込んでもなかなか意志は続かないもの。

 

まずは無理のない目標をたてて、簡単にできることを積み重ねていくところからはじめるのが良いです。

 

1日30分からできて英会話に役立つ3つをはじめてみてください。

1.英語日記を書く【1日15分】

・使える英語フレーズをストック

・声に出して覚える


2.オーディオブックを聴く【1日10分から】

・リスニングに慣れる

・英語学習本は目で読むより聴く


3.オンライン英会話【週1回から】

・外国人に慣れる

・英語は話して覚える

 

英語日記を書く【1日15分】

英語日記

最初は1〜2行だけの短いフレーズでもいいです。

まずは英語日記を書きはじめてみてください。

 

日記というと「今日の出来事」や「自分の考え」などをイメージするかもしれませんが、「会話で使う言葉」を日本語で書いてから英訳するのがおすすめです。

 

例えば、

今日誰かと話した会話を思い出してそのまま書くとか、

外国人に道を聞かれた時の受け答えを想像して書くとか。

いつか自分が使う可能性のある言葉から書きためると、使えるボキャブラリーが無駄なく増えます

【例文】

昼食は何を食べようか?

What shall we have for lunch?

カレーが食べたい

I want curry.

 

東京駅へはどうやって行けばいいですか?

How do I get to Tokyo Station?

あの信号を右に曲がって10分ほど歩けば着きますよ

Turn right at that light . And walk about 10 minutes to get there.

英訳は無理に自分の頭で考えなくてもGoogle翻訳やDeepL翻訳でそのまま翻訳しましょう

 

自動翻訳した文章が正しいかどうかとか、細かいことはあまり気にせず、とりあえず意味が伝わりそうならまずはOK。

 

スマホのメモ帳アプリを開いて今日の日付と1〜2行の英語フレーズだけ書けば、それで英会話の勉強はスタートです。

 

日常の自分の言葉を英語で書き出し、自分が使うオリジナルこ英語フレーズ集を作る。

これが英語日記の目的です

 

すぐに出てこない英語は悩まず翻訳アプリで翻訳して、後で覚えるためのものと割り切り、自分専用の英語フレーズ集をストックしてみてください。

 

1ヶ月やれば、30個の使えるフレーズが自分のものになります。

 

あとは、その英語フレーズを何度か声に出して練習することで少しずつ記憶に残り、会話で使えるようになります

 

 

オーディオブックを聴く【1日10分〜】

オーディオブックを聴く人

 

英語日記で自分が使える言葉を増やしつつ、リスニングにも慣れていきましょう。

 

そのためにオーディオブックは効果的です。

 

いきなり小説などを英語で聴くのはハードルが高い気がしますが、例えば英文法の本や、日常英会話フレーズ集などの本を聴くのは簡単です。

 

英語の勉強をはじめる時、英語学習の本を読むところから始める人も多いと思いますが、せっかくなら文字で読むより音声で聴く方が、英語のリスニングにも慣れるので一石二鳥です。

 

文法などの説明は日本語ナレーションで、英語フレーズの紹介は正しい英語のナレーションで聴けば、飽きずに続けられます。

 

通勤中や散歩をしながら、また家事や食事をしながら、1日10分からでも毎日続ければ少しずつ聴き取れる英語が増えていきます。

 

あと、知らない単語が多い本よりも、知っている単語が多い本を選んで音声で聴くのがリスニング力を鍛えるコツです。

 

AmazonのオーディオブックAudibleは月額1,500円で12万冊以上の本が聴き放題。

初めてなら30日間無料で聞き放題できるので何冊か聴いてみて「オーディオブックが自分に合っているか?」試してみてください。

Amazonオーディオブック公式サイト>

 

なお、初心者の英語学習におすすめのオーディオブックは以下の記事にまとめています。

 

オンライン英会話の無料体験に登録する【週1回〜】

オンライン英会話をする人

 

英会話を身につけるなら、実際に話す練習は必ず必要です。

 

つい英会話学習を始めようと思った時、「まずは文法」「まずは単語」と机に向かって「お勉強」を始めてしまいがち。

でも、それだとおそらく半年たっても英語は話せません。

 

英語が話せるようになりたいなら、まずは週に1回からでもいいのでオンライン英会話を始めることをおすすめします

 

文法や単語は、英会話をはじめてみてから「行き詰まった」と思った時に改めてやれば吸収も早くなります。

 

野球やサッカー、ギターの本を読んでも、うまくはならないですよね。

むしろ実際にプレーしながらでないと、本に書いてあることもイマイチ理解できません。

 

英会話も同じ。

少なくとも高校を卒業できたなら、すでにオンライン英会話を始めるのに必要な単語や文法は充分身についています

 

まずはヘタなりに英語で話してみて、そこから足りない部分を補っていくことが大切です。

 

オンライン英会話は一部の中級者以上の人向けのものを除いて、初心者向けの対応に力を入れています

 

またほとんどのオンライン英会話は、最初に無料体験ができるので登録してみてください。

 

そして1週間以内に一度レッスンの予約をして、それまでの間に簡単な自己紹介のカンペを用意する。

あとは英語で話すことに慣れて行くだけです。

 

多くのオンライン英会話は1レッスンが25分。

最初のうちは、フリートークのレッスンなら自己紹介して、そのあと講師からの質問に少し答えるだけで終わりますが、これだけでも意外と「外国人と英語で話せた」という満足感は得られて嬉しいものです

 

なお、無料体験した後、勝手に有料に自動更新されるのが不安な人は「自動更新なし、カード登録なし」で無料体験できるオンライン英会話だけまとめた以下の記事から選んでみてください。

 

また週1回なら月2,000円台からオンライン英会話は始められます

週1回ペースから選べるスクールを以下の記事にまとめているので確認してみてください。

 

英会話は、まず「話せた気になる」のが一番です

英語で会話を楽しむ人たち


先日、会社の同僚と歩いていると外国人に道を聞かれ、駅までの行き方を案内しました。

 

同僚から「すごいですね」と言われたのですが、実は彼はTOEIC750点らしく、わたしより断然英語力がある人。

単語や文法の知識は彼の方が確実に上です。

 

それでもわたしが英語で道案内できた理由は

  1. いつか使うかもしれない「道案内」の英語フレーズを英語日記でストックしていたこと。
  2. オンライン英会話のおかげで、初めて会う外国人と話すことに抵抗を感じなかったこと。

この2つだけです。

 

使った単語は、誰でも知っているフレーズだけ。

それでも日頃から「いつか使うフレーズ」をイメージしてストックしておき、外国人と話すことに少し慣れていれば「話せた気になれる」ものです。

 

そして少しでも「話せた気になる」ことで自信が付き、もっともっとうまくなりたいという気持ちが湧いてきて、楽しく英語学習が続けられます

 

TOEICや英検で高得点を狙うことより、「英語が話せるようになる」ことを目指すなら、ぜひ今からすぐにでも

  1. 英語日記で「使うフレーズをストックする」
  2. オーディオブックで「リスニングに慣れる」
  3. オンライン英会話で「外国人に慣れる」

の3つをはじめてみてください。

 

そして多少モチベーションが下がる日があっても、とにかくまずは1ヶ月続けてみる。

そうすれば1ヶ月後に「英語が話せる自分」に近づいていることが実感できると思います。

 

英会話は早くやったもん勝ち

 

いきなり多くを望まなければ、気軽に英語で話せる日は、意外と早く来ます