Cotonova English

"I speak English!"と言えるまでの道のり

英語日記はノートに手書き?スマホやPCにテキスト打ち?|それぞれのメリットを紹介

英語日記のノートとスマホとPCイメージ

 

独学で英語力を上達させるのに英語日記を書くのがとても効果的。

このことは新井リオさんの「英語日記BOY」をはじめ多くの著書でも紹介されていて、それらを読んで英語日記を書こうと決めた方もおられるのではないでしょうか?

 

ただ実際に英語日記をはじめてみようと思った時、意外と迷うのが

  • ・紙のノートに手書きがいいか?
  • ・スマホやパソコンで書くのがいいか?

という選択。

 

そこでこの記事ではそれぞれのメリットをご紹介します。

 

わたしは最初、英語日記をノートに手書きで書き始めたのですが、結局あとでスマホとPC(どちらからでも)で書くとうやり方に切り替えました。(自分にはそっちが向いていた)

 

ただ正直どちらの方法が良いかは人それぞれ。「自分ならどっちの方が続けられるか?」だと思いますのでそれぞれのメリットをチェックしてみて、自分に合った方を選んでみてください。

英語日記をノートに手書きするメリット

英語日記をノートに手書きするイメージ

「紙のノートに手を動かして書く」

この行為そのものが意外と「やる気」に繋がることも多いと思います。

英語日記をノートに書くメリットは、どちらかというと少し精神論的なところもありますが、ものごとを続けるうえでモチベーションの維持はなにより大切ですのでそれぞれのメリットを確認してあなたがどちらが続けられそうかで判断してください。

 

やる気や達成感を実感しやすい

「よし、英語日記をはじめよう」と思ったとき、まず新しいノートや日記帳を用意するだけでも少し気分は上がりますよね。

 

また書いた分だけ厚みとして目に見えるので続けたときの達成感も実感しやすいなど、紙に書くからこそ味わえる充実感は、英語日記を続けるうえでのかなり大切なポイントのように思います。

 

手書きでの学習に慣れている

あと、あくまで英語日記の目的が英語学習なら「手で書いて覚える」というのも見逃せないポイントだと思います。

学生時代からの習慣で、鉛筆で手を動かして書くほうが記憶に残りやすいという人はスマホやPCよりも紙のノートの方が向いているのかもしれません。

 

英語日記が1日の特別な時間になる

大人になると紙にペンで文字を書く機会がほとんどないという人も多いですよね。

そういう人にとっては、「英語日記を書く時間=ペンで文字を書く時間」が1日の中のちょっと特別な時間として習慣化しやすいことかもしれません。

 

「スマホで暇なときに」と思っているとつい忘れがちでも、例えば「寝る前に机の前でペンをとる」という習慣が身に付けば忘れず続けられるのではないでしょうか。

 

 

英語日記をスマホやPCで書くメリット

スマホで英語日記を書くイメージ


英語日記をスマホやパソコンで書くことのメリットを一言でいうと効率的とか実用的という部分だと思います。

やってみると意外と便利と気づいたこともあったのでチェックしてみてください。

 

書いた文章をあとから検索で探せる

英語日記で書きためた文章から「あの単語は?あのフレーズはなんだっけ?」と思った時にすぐ検索して探し出せること。これがスマホやパソコンで英語日記をテキストとして残すメリットの一つです。

 

特にわたしにとって英語日記の目的が「英会話で使えるフレーズのストック」という意味合いが強いのでメリットとして大きい点です。

 

英語日記で英語と日本語を両方記載しておけば、英語でも日本語でも、思い出したいキーワードを入力するとすぐに出てくるので便利です。

 

ちなみにわたしはiPhoneのメモ帳アプリに「英語日記」フォルダを作って書いていますが、スマホやPC上のものならたいてい検索で探せます。

 

いつでも、どこでも英語日記が書ける

毎日、同じ時間や場所で英語日記を書くと決めている人ならノートでも全く問題ないのですが、昼休みや通勤中などのスキマ時間を使って思いついたときに英語日記をつける人にとっては、スマホで日記を更新できるのはやっぱりラクです。

 

特に仕事や学校などで毎日外出している人は、スキマ時間に英語日記を書けるスマホの方が続けやすいと思います。

あと、過去に書いた内容をいつでも見れると英語のフレーズが記憶に残りやすいと思います。

 

英語をキーボードで書くのに慣れる

スマホやパソコンのキーボードで英語のテキストを打つのに慣れていない人は多いと思います。

ただこれから英語力を上達したいと思っているなら手書きよりもスマホやパソコンで英語を書くことには慣れておいた方が何かと便利です。

慣れるまでは少し面倒ですが、英語日記をしばらく続ければ意外とすぐに慣れてくるので試してみてください。

 

ちなみに、スマホの場合はフルキーボード(英語キーボード)に切り替えて打つと、単語の候補予測して表示してくれるのでかなり便利です。

スマホの英語キーボード画面イメージ

 

コピペで単語やフレーズが調べられる

あと英語日記を書いていて単語やフレーズがわからないときも、テキストならスマホやパソコンでそのままコピペして調べることができるのも便利です。

 

英語日記は自分が「続けられる」やり方を選ぶのが1番

英語日記を継続するイメージ

英語日記を「ノートに手書きする」と「スマホやパソコンで書く」のそれぞれのメリットをご紹介してきました。

【ノートに手書きで書く】

  1. やる気や達成感を実感しやすい
  2. 手書きでの学習に慣れている
  3. 英語日記が1日の特別な時間になる

 

【スマホやパソコンで書く】

  1. 書いた文章をあとから検索で探せる
  2. いつでも、どこでも英語日記が書ける
  3. 英語をキーボードで書くのに慣れる
  4. コピペで単語やフレーズが調べられる

 

単純に効率を考えるとスマホやパソコンで書く方がメリットは大きいと思うのですが、ただ1番大切なのは「どの方法が自分は続けられるか?」だと思います。

 

わたしの場合、紙に文字を書くことがあまり得意ではなくて、むしろ「いつでも気軽に書ける」とか「過去に調べたフレーズを探しやすい」ということの方が続けるモチベーションになるのでスマホとパソコンを併用して書いています。

でも短期的な効率よりも「長く続けられるのはどちらか?」という視点が英語上達には大切だと思いますのであなたに合った書き方を選んでみてください。

 

やり方はもちろん途中で変更してもOKですのであとは「直感的に楽しめそう」と思った方法で書き始めて(スタートを切って)いきましょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。